引越しの順序

引越しでは多くの荷物を運ぶ為に、ダンボールなどを使います。
その時に引越し後の家具の配置は決まっていると思いますので、ダンボールに詰め込むものもそれに合わせると楽です。
これがごちゃごちゃですと、色々なダンボールを開けたりしなくてはならないので、引越し後の事を考えた梱包が必要とされます。

 

 

そしてその時にダンボールに何が入っているかを書くと思います。
しかし引越しには業者であったり、親族や知人など多くの人が携わって運び出したりします。

 
中には盗難被害というのがあると聞いたので、高価なものは名前をお皿などにするなどして対処をしました。
貴金属と書かれたものが無くなると盗難を疑いますが、お皿であれば紛失の可能性も出てきます。

 
やはり新しい門出ですので、モノが無くなってしまった時に、誰かを疑いたくはありませんよね?
さすがにダンボールを開けてまで中身を確認しにくるような人はいないと思うので、中身が高価な品と分からないように記載しました。

 

 

また引越し業者の人や手伝ってくれている人の事を考えて、お茶ジュース、お弁当などを出しました。
引越し業者の人は仕事と言え、人間ですから疲れたりしますので、その時にお茶やジュースなどを出す事で、疲れを癒してもらいます。
それで変わるという事はないと思いますが、荷物を大事に運んでもらったような気がします。

 

最後に引越しを実際に行った際は、出て行った場所は事前に行ったのでいいですが、新しく入っていく新居の周辺には挨拶にいくようにしました。
引越しという事で、大きなトラックを使って多くの人が搬入などを行っていましたので、近隣住民に迷惑を掛けたと思います。

 
車が止まっていたので、歩行の邪魔になったり、状況によっては騒音も出していたと思います。
その為に迷惑や不快に感じた人もいると思うので、タオルなどの品を持参して挨拶を行いました。

 
この時に引越しの際に迷惑を掛けてしまったかもしれないので、お詫びとこれからのお付き合いに関してお願いをしてきました。
これによって近隣にはどのような人が住んでいるかを把握する事が出来ましたし、何か困った時に頼れるような関係を築くきっかけとなりました。

 

 

このように引越しの際には、みんなが気持ち良く出来るように気を付けました。