引越しで主にやる事一覧

手続き一覧

【1か月前~】
賃貸の場合は、不動産管理者に連絡し解約手続きを行う。
通常、1か月以上前に解約手続きを行わなければいけない、と賃貸契約書に記載してある。

 
引越し業者の手配。
料金は各社違う為、早めに複数の見積もりを行う。また、決まったら梱包資材をもらい受け、必要な小物類は梱包し、不必要なものは処分する。

 
大型荷物や家電の処分は早めに行う。
家電の処分はリサイクル法があるため、リサイクル料金が必要になる。

※郵便局にて、該当する家電のリサイクル料金(処分する家電のメーカー名、型番をメモ帳に記載すること)を支払い、シールをもらい家電に張り、区・市役所指定の家電引取業者まで持ち込む。
大型荷物の処分は、区・市役所の収集依頼が安い。運搬費は別途必要。持ち込みの場合は処分費だけ。

 

【2週間前~】
ライフラインの解約手続き。新居先の新規契約手続き。
電気・水道・ガスは請求書などを参考に、該当業者へ電話連絡で手続きを行う。

郵便局の転送依頼手続き
旧居先に届く荷物を、新居先に転送してもらう為、郵便局にて住所変更の手続きを行う。用紙は郵便局内に備え付けられている。
持ち物:新住所が分かるメモ帳、身分証明書

区、市役所での住所変更手続き
※同市区町村内での引越しの場合は、管轄区域の区、市役所で転居届の提出(1度の書類提出だけで完了。)
※県外への引越しの場合は、転出届を提出する。引っ越し先では転入届の提出を行う。
持ち物:印鑑、身分証明書

銀行、保険類各種の住所変更手続き
最寄りの営業所にて住所変更手続き、転居後でも可能。

新聞の解約、または住所変更手続き
解約の場合は、いつまでに解約するのかの連絡、転居先でも同じ新聞を取る場合には新住所の連絡を入れる。

インターネットプロバイダーの解約、または住所変更手続き
ネットにつなぐ際に必要になるモデムはレンタル品のため、返却が必要。契約業者に連絡を入れ、今後の対応を尋ねる。

 

 

【当日~2週間後まで】
転入届、国民年金(該当者のみ)、印鑑証明の住所変更(該当者のみ)、国民健康保険(該当者のみ)
※転入届の提出には転出届の書類が必要。その他では印鑑と身分証明書。
※同市区町村内の引越しの場合は、転居届のみ。

ガスの開栓立ち合い、電話線やプロバイダーの引き込み工事
電気、水道は立ち合いが必要ないが、ガスは立ち合いが必要。プロバイダーの引き込み工事が必要になる場合、かつ賃貸物件の場合は大家さんの確認が必要。

運転免許証、ナンバープレート変更、車検証、車庫証明の取得
免許証と車庫証明は新居を管轄する警察署にて手続きを行う。ナンバープレートと車検証は、普通乗用車の場合は陸運局、軽自動車は軽自動車協会にて所定の手続きを行う。

 

引越しで主にやることは以上になります。