家電運搬時の注意点

tyuui-syufu

家電の運搬時に注意すべきなのが、横積みや横倒しするといった方法です。

代表的なもので言えば、冷蔵庫と洗濯機です。

 

冷蔵庫の横倒しは、元々あるべき場所のオイルが逆流し、配管を伝わり、本来あるべき場所から移動をしてしまったオイルが無い中で稼働させてしまい、コンプレッサーを痛めてしまいます。

運搬時にはどうしても傾けなければいけない場所も出てきますが、そういった時の対処法は、設置後に時間をおき、(半日から1日程度、傾けていた時間にもよる)電源を入れるようにしましょう。

 

もし、家電量販店で注文し、自宅まで運搬してもらう場合も、スタッフの方は寝かせて運んだりはしません。
様々な情報が錯そうしていますが、慌てずにしばらく時間を置いて下さい。

 

トラックに積む場合も、もちろん立てて運搬する事が必要です。

 

洗濯機の場合も同様に、横積み、横倒しは厳禁です。

 

洗濯機の内部にある軸が、微妙な調整で出来ているため、倒して運ぶとその軸がずれてしまい、故障の原因になります。
古いタイプの二層式であれば、ここまで厳密にこだわる必要はありませんが、新型のドラムや全自動であれば、細心の注意を払って下さい。

 

その他の詳細ははこちらのサイトを参考にして下さい。

洗濯機の引越し.net
(専門サイトなので配送料金の最安値業者の見つけ方から、運搬料の目安や、故障時の対応、掃除方法などなどが記載)

 

 

また、どちらの家電も前日までに水抜きを行っておかないと、業者は運んでくれません。
冷蔵庫の場合は、前日までに中身を処分し、電源を切り、氷や霜を溶かし、完全に水気を取って下さい。

 

洗濯機の場合も同様に、水は全て排出し、ホースの中の水気も全て拭き取って下さい。
他の荷物を痛めてしまう原因になるので注意が必要です。