海外移住にあこがれる人たち

hello

最近では多くの人が日本以外の海外での永住やショートステイを希望していると言われています。

 

 

特に、テレビや新聞などの情報媒体でインドネシアやタイ、マレーシアなどの東南アジアでの移住生活などの特集を組んでいることもあり、

こうした情報媒体を通じて海外への移住生活をあこがれる人も増えてきています。

 


近年会社をリタイヤした60歳代の人はいわゆる「団塊の世代」と呼ばれますが、会社の退職時に多額の退職金をもらい、

まだまだ身体も元気で体力があることから、他の世代の人と比較して時間とお金に非常に余裕があると言えます。
そのため、団塊の世代の人たちは特に海外への移住を真剣に検討していると言われています。
海外への移住先については、いろいろな場所や国があると言われています。
例えば、インドネシアやタイ、ベトナムなどの東南アジア、オーストラリアやニュージーランドなどのオセアニア、グアムなどのアメリカの島嶼部などが挙げられます。
日本人は義務教育で英語を学んでいるため、英語圏以外の国や地域ではなく、英語圏の国や地域に行く傾向があると言われています。
こうした英語圏の国や地域の中で人気があるのはハワイといわれています。
こうした地域で住むために必要な費用として、最も重要なのは住居費といわれています。
そもそも安定して居住する場所がなければ、その国や地域で安心して生活することが非常に困難になるためです。

 

 

また、ホテル暮らしをするとなると、長期間その地域に居住することは非常に困難になるといえます。

 

具体的にかかるお金については、マンションのレベルにもよりますが2000万円程度は必要になると言われています。